『ときどき足が急に痺れて治らない!?』痺れる原因は?他の病気の前兆も考えられる? | 雲散霧消.com

『ときどき足が急に痺れて治らない!?』痺れる原因は?他の病気の前兆も考えられる?


1%e3%83%bb%e3%80%8e%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%a9%e3%81%8d%e8%b6%b3%e3%81%8c%e6%80%a5%e3%81%ab%e7%97%ba%e3%82%8c%e3%81%a6%e6%b2%bb%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%80%8f%e7%97%ba%e3%82%8c

普段、普通に歩くことが出来るというのに時々
異常に足が疲れることってありませんか?

一生懸命ジョギングして足が疲れるというのは
普通のことで・・・

しかし、その足の疲れが病気の場合もあります。

SponsordLink




ただの疲れと思っていたら、次は足が痺れたり
する人が増えているようです。


足が疲れて、なかなか解消出来ないときなどは、
用心した方が良いかもしれません。


『下肢静脈瘤』(かしじょうみゃくりゅう)かも?


『下肢静脈瘤』という病気の可能性もあります。



下肢静脈瘤っていう名前自体、それ程多くの人たちが
聞いたことがないと思います。



それは足の血管の病気であり、下肢とは足のことで
『静脈瘤』血管(静脈)コブ(瘤)のように膨らんで
しまう状態のことをいいます。


%e4%b8%8b%e8%82%a2%e9%9d%99%e8%84%88%e7%98%a4


ただ病気ではありますが、良性のため命の危険はない
ので安心して大丈夫です。



でも、生活の質(QOL)を低下させる要因ではありますが。。。



また、男性よりも女性の人たちの方がなる率が高いと
言われています。



筋力が弱く血液の還流力が弱いことの他、妊娠出産が
下肢静脈瘤の発症要因になるからと言うことです。


%e3%80%8e%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%a9%e3%81%8d%e8%b6%b3%e3%81%8c%e6%80%a5%e3%81%ab%e7%97%ba%e3%82%8c%e3%81%a6%e6%b2%bb%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%80%8f%e7%97%ba%e3%82%8c%e3%82%8b


そして年をとると血管が弱くなり、逆流防止弁が壊れ
やすくなる事で、発生頻度が高くなると言われています。



更に、遺伝や立ち仕事の多い人


『エコノミークラス症候群』によっても起こるそうです。





SponsordLink







他にも危険な病気の可能性があり、

『糖尿病』

『肝臓病』


の症状として足の疲れを発症するケースがあります。



このようなケースでは、すぐに医師の診断が必要です。


気象シンドロームとは……


足の疲れは、意外と天気などにも左右されるものです。



中でも『気象シンドローム』は、天候によって足が重だるく
疲れているような感じです。



特に、春から夏にかけては梅雨により気圧が下がり、
気温と湿度が上がることで現れる症状です。





SponsordLink







気圧が下がることで血液を押し上げるポンプ機能がある
のですが、足にかかる圧力が減り筋肉が緩んでポンプの
機能が低下してしまうことになります。



気温と湿度が上がることで皮膚から出る汗が増え、尚且つ
湿度が高いので汗が蒸発しにくくなり、細胞に水分が停滞
してしまうことになります。


%e6%b0%97%e8%b1%a1%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a0


足に水分と共に老廃物が溜まることが原因で、重だるさが
生まれてしまうようです。


その足の痺れは…… 腰椎椎間板かも?


別に正座をしている訳ではないのに、足が痺れる(しびれる)
という人たちもいます。



痺れは痛みとも違い、そのまま放置している人たちも多いよう
ですが、身体の異常を訴えていることに間違いありません。



痺れには放置していても大丈夫な場合と、そうでない場合が
あります。



長時間正座をしていた後の足の痺れは全然心配する必要は
ありませんし、神経や筋肉を使ったあとの疲労による痺れも
問題ありません。



ですが、

「足の片側だけが痺れる」

「急に痺れて数分で治まる」

「靴下をはいているような感覚の痺れ」

に対しては注意が必要です。



また、足だけが痺れるという場合には、

腰椎椎間板(ようついついかんばん)』

脊柱管狭窄症ヘルニア(せきちゅうかんきょうさくしょう)』

の可能性も考えられます。


%e3%80%8e%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%a9%e3%81%8d%e8%b6%b3%e3%81%8c%e6%80%a5%e3%81%ab%e7%97%ba%e3%82%8c%e3%81%a6%e6%b2%bb%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%80%8f%e7%97%ba%e3%82%8c%e3%82%8b


更に、片側の足だけが痺れる場合は、

外側大腿皮神経障害(がいそくだいたいひしんけいしょうがい)』

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)』

の可能性があり、お尻から太ももの後ろ側やふくらはぎ
にかけて痺れる症状は、

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)』

の可能性があります。



これまで経験した事がない痺れと感じた際は、安易に
考えていたら症状が悪化する危険性があります。



そうなる前に、早めに病院へ行って下さい。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 『ときどき足が急に痺れて治らない!?』痺れる原因は?他の病気の前兆も考えられる?