小学生の子供が反抗期!その特徴と親がうまく接する方法はどうしたら良い? | 雲散霧消.com

小学生の子供が反抗期!その特徴と親がうまく接する方法はどうしたら良い?


%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%8c%e5%8f%8d%e6%8a%97%e6%9c%9f-%e3%82%b5%e3%83%a0

小学生の子供さんが「反抗期」というのは、
誰にでもあるものです。

しかし、お母さんはそのような子供さんを
放置している訳にはいきません。

SponsordLink




でも、ただ怒るだけでも逆効果になるで
しょうし・・・


そういう時期の子供と、上手く接する
良い方法はないものでしょうか。


小学生の子供さんの反抗期の特徴


まず、お母さんが知らねばならないのは子供さんが
今、「どのような状況でいるか」ということです。


男の子の場合、力を使って抑えつけようとする特徴
があります。


イライラとして心の中で思うものの、それを上手く
伝えることができないからモノに当たることがあり、
壁を殴ったりする行動に出てしまうようです。


%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%8c%e5%8f%8d%e6%8a%97%e6%9c%9f1


モノだけでなく、お母さんに手を出すこともあるかも
しれません。



一方、女の子の場合は男の子とは違います。


成長も早いですし、力で解決しようということも余り
なく、心のうちに塞がってしまう傾向が強いと言われ
ています。



女の子も「うるさい!」と怒鳴る場合はありますが、
部屋にこもって出てこなくなったり、お母さんが話し
かけても無視したりなどという、行動パターンに出る
ことが多いようです。





SponsordLink







お母さんは、子供たちそれぞれの違いをしっかり把握
できているでしょうか。



一般的に男の子は、言葉よりも「図解」で示した方が
理解してもらえる傾向にあり、女の子は言葉で気持ち
を伝える方が、しっかり理解してもらえるケースが多い
ようです。


男の子に対しては、その理由を徹底して「図解」
説明するような気持ちで接し、女の子には会話に
よって「共感」する気持ちを持って接するようにして
みましょう。


反抗期によるいろいろな違い?


反抗期にもいろいろなパターンがあり、2歳から4歳に
かけて現れる「第一反抗期」と、中学~高校の時期に
現れる「第二反抗期」があります。


また、小学生時期に現れる「中間反抗期」もあります。



小学校と言えども、1年生と6年生では反抗の程度や
内容も違っています。


%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%8c%e5%8f%8d%e6%8a%97%e6%9c%9f2


低学年の頃は、自分の意見を段々と伝える事ができ
るようになって、反抗や否定したい気持ちより反抗期
が起こります。


しかし低学年の場合、親や先生の言うことは正しい
から、きちんと聞かなくてはという気持ちも強く持って
いるようです。


親が毅然とした態度で叱れば、すんなり受け止めて
くれる場合も多いと言います。



甘えたい反面、反抗したい面も持っている年頃なん
ですね。


中学年へとなるにしたがって……


小学校3~4年生になれば、ああ言えばこう言う子供に
お母さんもちょっとイライラ度が増してくるかもしれません。


小学校3~4年生あたりは中間反抗期とも呼ばれます
が、自我の確立に向けての成長過程です。


自我の確立に向けての成長という意味では、反抗期も
ある程度お母さんは我慢をしなければならないのかも
しれません……。





SponsordLink







手が離れはじめる時期ですが・・・


同時にお母さんも、まだまだしっかり保護をしなければ
ならない時期です。



小学校高学年では、お母さんよりも友達と過ごすこと
を好むようになってきます。


そのような時期は、思春期のスタートラインでもあり
ます。


お母さんを突き放して、暴言を吐くこともあるかもしれ
ません。


%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%8c%e5%8f%8d%e6%8a%97%e6%9c%9f3

第二次性徴によって、身体が成長するのに伴い心も
大きく成長する時期です。


子供さんには言葉にならない不安もあり、悟られたく
ない思いより反抗的な態度に出たりします。


そんな時、暴力に暴力で答えることはもっともやっては
いけないことです。


子供の気持ちを知ったうえで、しっかり対応していか
なければなりません。


まずは話しをするための、雰囲気づくりなどの努力を
してみましょう。


ただ叱るのではなく、お母さんの気持ちを伝えることが
大事です



お母さんは放置せず、見守るモチベーションは持って
ください。


それと、お父さんもお母さんの良い協力者になって、
一緒に子供と向き合って欲しいと思います。











  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 家庭・育児 » 小学生の子供が反抗期!その特徴と親がうまく接する方法はどうしたら良い?