上司の嫌がらせで鬱!?そんな上司のタイプは?そうならないため良い対策はある? | 雲散霧消.com

上司の嫌がらせで鬱!?そんな上司のタイプは?そうならないため良い対策はある?


上司の嫌がらせで鬱 サム

まだまだ会社では、「パワハラ」が蔓延して
いるようです。

そもそもパワハラというのは、同じ職場で
働く者に対して職務上の地位や人間関係
など職場内の優位性を背景にし、業務で
適正な範囲を超え「精神・身体的苦痛」
与える。

SponsordLink




または、

「職場環境を悪化させる行為」

と厚生労働省で定義はされているものの、
会社においてはまだまだ何となく上司が
部下に高圧的であったり、

「いじめ」

「嫌がらせ」


をするというケースは起こっているようです。


「パワハラのタイプ」 厚生労働省の場合


厚生労働省の言うパワハラとは、6のタイプ
一応分類化しているようです。


それは、

「暴行」

「傷害」

「脅迫」

「名誉毀損」

「侮辱」

「罵倒」

「暴言」



上司の嫌がらせで鬱1


そのほか、

「仲間外れ」

「無視」

「孤独化」

「明らかに無理な事を要求する」

「本来の仕事を与えない」

「個人的な事への過度な干渉」


この6つです


このような感じで明確化することにより、抑止力
はある程度持つのかもしれませんが・・・





SponsordLink







実際パワハラを根こそぎ改善するには、まだまだ
至ってはいないようです。


部下がどこかに相談をすれば、部下と上司の
関係が壊れてしまうかもということを心配して
いる人たちも当然いるでしょう。


パワハラをする上司は、実際にどのようなタイプ?


こんな上司が、未だパワハラを部下に対して続け
ているようです。


そして、「完璧主義」の人たちが多いと言います。


別に上司も、ただ部下をイビリたいからイビって
いるということではなく、お堅い会社人間が多い
と言います。


上司にも、絶対に仕事をここまで終了しなければ
ならないという義務感があり、精神が緊迫し続け
ている状態がずっと続いたままでいます。


上司の嫌がらせで鬱2


過程はどうでも良い、結果がすべてということに
なれば、パワハラ、パワハラと世間は騒いでいる
ものの・・・


まだまだ上司の耳には届かないのかも。。。


そのような上司と話しをしていて、やたら「絶対」
という言葉を聞くようなら、これはヤバいと感じた
方が良いと思います。


確かに上司は会社のために一生懸命頑張って
いる訳ですから、100%間違っているとは言えま
せん。





SponsordLink







しかし、このような上司は堅物で柔軟性がなく
本当のピンチが起こったとき、「ポキッ」と折れ
てしまうのではないでしょうか。



上司の方々に良く聞いていただきたいのです。


あなたは今、部下に対して、この「絶対」という
言葉を頻繁に発してないでしょうか?


ちょっと協調性の欠如しているのでは……


そのような上司は、独りよがりの考えに基づき
他の人たちとは歩調を合わせることができない
と言います。


上司の嫌がらせで鬱3


協調性のなさは実際に会社だけでなく、きっと
家庭環境や家庭教育にも及んでいるでしょう。


恋愛だって、そんな協調性のなさではこれまで
上手くいったことがないのではないでしょうか。


まず反省しなければならないのは、やはり上司
です



正直に言えば、まだまだ人間的成長もしておらず、
今後教育されていかなければならない未熟上司
が存在しているのです。



部下がどう頑張っても、結局は変わらなければ
ならないのは上司なのです。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » パニック・うつ病・過呼吸, 仕事の悩み・収入他 » 上司の嫌がらせで鬱!?そんな上司のタイプは?そうならないため良い対策はある?