『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?悪くなるとどうなるの? | 雲散霧消.com

『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?悪くなるとどうなるの?


『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何? サム

『リンパ』という名前は、もはや当たり前に
聞く名前です。

しかし皆さんは、リンパのことをそれほど
深く理解できている訳でもないのではない
でしょうか。

SponsordLink




ならば、質問をします。

「一体リンパって、何なのでしょう?」

そのとき、明確に答えることができる人たち
って、本当にどの程度いるのでしょうか……。


血のことならよく判るけど・・・


『リンパ』より、みなさんが知っているのは『血液』だと
思います。



視覚的に転べば、膝から血がダラダラ流れてきます
よね。


もちろんそれは体の隅々にまで血管があり、そこに
は血が流れているからです。


しかし、そのような意味では『血』『リンパ』も一緒
という感じではないでしょうか。


「リンパ管」には、「リンパ液」が流れているはずなの
です。


でも流れているといえば、リンパではなく血という感じ
があります。


まず『リンパ』と『血』では流れ方に違いがあり、心臓
から動脈へ入り、身体の隅々まで酸素や栄養素を
届けているのは『血』です。


毛細血管まで届け終われば、次に「二酸化炭素」
「老廃物」を静脈へと運びます。


しかし『リンパ』の場合そうではなく、身体の組織液中
「たんぱく質」などの栄養素を回収してまわり、回収
した栄養素を血液中に合流させる役目です。


『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?1


更に『リンパ節』というものがあり、細菌や老廃物の
侵入を防ぐ働きもしています。


リンパの場合「循環」はしない


体中を絶えず循環しているというのなら、血という
イメージがありますが、『リンパ』の場合そうではなく
「循環」という意味は該当しません


『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?3


「リンパ液」の場合、心臓へ向かう一方通行のルート
を辿るオンリーです。



血液は、心臓というポンプ機能によって密接に関わ
っているという言い方も正解ですが。。。



『リンパ』は、このポンプ機能というものも別に存在
している訳ではありません。


だから、「リンパ管」は自ら収縮する力をもっている
ため「リンパ液」を流しているのです。





SponsordLink







血と比較すれば、とてもゆっくりとした流れです。


そして『リンパ』の流れをよくするためには、筋肉の
働きも欠かせないということが段々と判ってきたよう
です。


基本血液は、心臓をポンプとして全身に流れていま
すが、『リンパ』は筋肉の動きによって自発的に流れ
ている
ということになります。


運動不足になると、どうしても『リンパ』が滞りがち
になるということにも注目したいものです。


リンパのなぜ?リンパの滞りによって起こる影響!?


『リンパ』の滞りによって起こる影響には、「むくみ」
老廃物が排出されないため「免疫の低下」「疲労」
「肩こり」など様々な問題が起こる可能性があります。





SponsordLink







300以上もの『リンパ節』が頸部に集中しているため、
『頸部リンパ節』が滞ると、

「肩こり」

「頭痛」

「自律神経の乱れ」

「二重あご」


などの症状が起こることになります。



『鎖骨リンパ節』は、すべての『リンパ』が最後に、
この「鎖骨リンパ」に合流します。


この部分が滞れば、

「慢性的な肩こり」

「肌トラブル」

「老化」


が起こると言われています。


『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?4


更に、

「腋窩(えきか)リンパ節(わきの下)」

「腹部リンパ節」

「鼠径(そけい)リンパ節(足の付け根)」


など、主要『リンパ節』もしっかり理解しておきたい
ものです。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 『リンパの流れ』って良く聞くけど、リンパとは何?悪くなるとどうなるの?