頭の疲れは脳の疲労!原因は症状は?効果的な解消法はある!? | 雲散霧消.com

頭の疲れは脳の疲労!原因は症状は?効果的な解消法はある!?


頭の疲れは脳の疲労! サム

昔の人たちは、

「身体が疲れた~・・・」

という言い方が殆どだったのではないで
しょうか。

高度経済成長のもと、日本人はまさに肉体
労働
をしていたのです。

しかし、現代社会の人たちはそうでなくて、
一生懸命労働しているというものの。。。

SponsordLink




蓋を開ければ、肉体労働からパソコンを使う
仕事が当たり前になり、デスクワークが主流
になっています。


それでも脳は、一生懸命パソコンの前でも
あれこれ神経を尖らせているのです。


現代社会の会社の問題


最近の会社では、当たり前に「コンプライアンス」
などにうるさく言われ、人間とシステムと向きあう
事が色々と足枷も作られストレスになってしまう
ようです。



そのような問題は、肉体労働なら肉体労働により
疲労はするものの、同時に「精神的ストレス」
解消していったのです。


現代社会は、その肉体労働による精神的ストレス
の解消法を見付けることができなくなっているため、
脳の袋小路現象が起こってしまったのです。


現代社会の人たちが抱えている脳の疲労の問題


体が特別に疲れているわけではないのに、

「なぜか頭が働かない!?」


こんな思いでいる現代社会のビジネスマンが年々
増え続けています。


頭の疲れは脳の疲労!2


身体は一日休めば取れる疲れであったとしても、
脳の場合そうではないのかもしれません。


「やる気が出ない」

「イライラする」

「眠れない」

「ひどい肩こりや腰痛」


など。


このような症状は、身体の仕業ではなく脳の仕業
と言いたいのです。


情報(ストレス)過多の状態を受け流す方法


もちろん寝るという方法によっても身体と同様に、
脳の解消方法へ向かうことができます。





SponsordLink







ですが、「情報(ストレス)過多」の状態を受け流す
方法を考える必要があり、自分の心の動きを見つ
めることによって鈍った五感を元に戻す「瞑想法」


また、乱れた自律神経を整え疲労回復へ向かう
「自律訓練法」が効果的と考えることができます。

瞑想する


それは仏教の瞑想法であり、自身の心の動きを
見つめるトレーニング
です。


方法は、楽な姿勢をとり目をつぶって自分の呼吸
に集中します



呼吸だけに意識を向けて下さい


呼吸に集中しているというのに、周囲の雑音が気
になったりすれば、再び呼吸に意識を向けてみます。


1日10分、このような方法がかなり効果的です。


更に瞑想と合わせて行いたい「五感を研ぎ澄ます」
トレーニングですが、人間は目や鼻、耳、舌、身体、
意識を通して色々な情報収集をしています。


だから普段私達が話す声は、「聞こえている」のです。


「聞こえている」を「聞く」へ!


そして、「見えている」を「見る」という能動的状態
と意識の改革を行います。





SponsordLink







食べ物を食べるとき五感を意識しないと、スッと口
の中にいれて、もぐもぐと噛んで胃の中に入れる。


それだけで終了です。


でも、五感を意識しているから人間は味わうことが
できるので、例えば

「このナポリタンは、どんなケチャップで作られているのか?」

「誰がどのような気持ちで作ったのか?」

「スパゲティーの材料は?」



何処の市場で、どのように購入されたのかなど。



様々な思いを、奥深く広げていけるのです。


これも、能動的に考えるトレーニングなんですよね。


このような方法によって、「いま・この瞬間」を正しく
キャッチすることができ、感情に左右される事がなく
なり、今としっかりと向きあうことができる疲れない
いつまでも集中できる脳が作れます。











  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 頭の疲れは脳の疲労!原因は症状は?効果的な解消法はある!?