会社内で行きたい部署がある!そこへ異動できる良い方法はある?また最後の手段は? | 雲散霧消.com

会社内で行きたい部署がある!そこへ異動できる良い方法はある?また最後の手段は?


会社内で行きたい部署がある サム

人事異動などの問題において、

「自由が効かないのが会社」

と思いこんでいる人たちも多くいます。

でも正直に言えば、今の部署を離れたい
と思っている人たちも本当に大勢いるで
しょうね。

SponsordLink




それでもサラリーマンの人たちは口には出さ
ず、我慢して黙々と仕事をしているのかもしれ
ません。

そこで、どうしても行きたい部署に異動できる
方法
はあるのか?

また最後の手段は?


ならば退職すれば……?


会社とは、当然なかなか自由が効かないものです。


今の部署を離れたいというのなら、異動という手段
よりも「退職」という選択の方法が一番手っ取り早い
です。


会社内で行きたい部署がある1


しかし現実は、そんな簡単にコロコロ会社を変われ
るはずはありませんし……。


いわば現代社会の中で私達は、貼り付けにされて
いるようなものなのかもしれません。


異動のとき注意をしなければならないこと


逆に異動というキーワードが、サラリーマンの人たち
を救ってくれるのかもしれません。


しかし私達は、異動というものに注意しなければなら
ないことがあると言います。


異動とは、人事部が一方的な判断で決めてしまうの
でしょうか……。


いえ、人事部に意思があると考えるよりは各部長や、
それに順ずる人の希望があって動くと考えることが
妥当です。


出したい人、欲しい人


会社内で行きたい部署がある2


それぞれの部門に聞き、バランスよく調整する役割
を持っているのが人事部のあり方と考えるべきでしょう。


そこには見えざる力が働き、異動は会社の上で繰り
返されているというイメージもあるかもしれません。


実際にそのイメージがあり、イメージを受け入れ異動
の必要がない場合、雰囲気だけで異動が繰り返され
ている可能性
もあります。





SponsordLink







つまり異動は、サラリーマンの宿命と考えても良いの
です。


勿論いろいろ異動を繰り返すことで、サラリーマンは
会社の部分だけでなく全体を知るというメリットも込め
られているでしょう。


だから、100%意味のないことはあり得ないのです。


異動のためにしてはいけないこと


「異動したいから今の仕事は適当にこなせばいい。」

というモチベーションは、はっきり言ってサラリーマン
として失格なのです。


この部署にはもう必要ないと思われれば、異動という
手段が近付くかと思いますが・・・


このような社員は、永遠に異動はないと思った方が
妥当かもしれません。


どこへ行っても使い物にならないというレッテルを貼り
付けられ
、どの部署もあなたを求めないからです。





SponsordLink







出したいと言う思いが部署にあっても、その意見だけ
を聞くことになれば、人事部は会社のバランスを維持
できなくなってしまうことになります。


異動したいのなら、逆にバリバリ優秀さをアピール
するモチベーションが正しいと言えます。


会社内で行きたい部署がある3


直接なところ、上司に希望を言ってしまうのはNGです。


そのような人たちに、そんな権利などないと考えた
方がいいでしょう。


俺の下が嫌なのかと思われる態度は、極力取らない
方が懸命です。


ただし、それでは何も進展がありませんよね。


将来こういうことに興味がある程度に、ほのめかす
作戦止まりでしょうか……。


でも、ある程度の会社規模があれば定期的に異動
希望を出すチャンスがきっとあるはずです。


チャンスはやがて来ると期待して、辛抱していること
も大事なことです





  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 仕事の悩み・収入他 » 会社内で行きたい部署がある!そこへ異動できる良い方法はある?また最後の手段は?