少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い!お酒は弱くないのにどうして?良い対策はある? | 雲散霧消.com

少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い!お酒は弱くないのにどうして?良い対策はある?


少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い サム

お酒が弱い訳ではないのに、少し飲み過ぎる
二日酔いになる人たちがいます。

二日酔いって、必ずなるものかと言えばなら
ない人たちもいます。

SponsordLink




お酒の弱い人は別にして、もともと弱くない方
なのに二日酔いになる頻度が増えたと言う方。

これって何が原因なんでしょう?

また、良い対策などはあるのでしょうか。


二日酔いの原因


不快な二日酔いになるのは、「アセトアルデヒド」という
成分が原因と言われています。


アルコールは肝臓にて、アセトアルデヒドに分解されます。


そしてアセトアルデヒドが「酢酸」「水」「二酸化炭素」
に分解され体外に排出されます。


少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い1


しかし、思いっきり飲んでしまったという場合において
は、一度に分解できる量を超えてしまうため血液中に
アセトアルデヒドが残ってしまう
ということが起こります。


これが二日酔いの原因のようです。


それに、アセトアルデヒドには強い毒性があります。


その成分がが含まれた血液は、多くの酸素を取り入れ
ようとし拡張することで、血管の周囲にある神経を刺激
してしまい頭痛が起こることになります。


二日酔いの対策


二日酔いの対策として考えることができるのは・・・


アセトアルデヒドの分解を補助してあげることです。


アルコール及びアセトアルデヒドを体内に残留させず、
体外に排出できるように補助させることが大事なのです。


そのために、私達でもできる対処法があります。


まず簡単に出来る方法は、水を大量に飲んで身体の
中のアルコールを薄めること
です。


少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い2


血の中に流れているアセトアルデヒドを、できる限り
体外へと排出しましょう。


コーヒーを飲むことも効果的と言われています。


カフェインには血管収縮作用を期待することができ、
頭痛の要因をシャットアウトしてくれます。


さらに、カフェインには利尿作用が期待できるので、
より早くアルコールやアセトアルデヒドを体外へと
排出することができます。





SponsordLink







そして、吐くというのも二日酔いには効果的な方法
なのです。


他にも、ウコンなど二日酔いに効果を期待すること
ができます。


「クルクミン」「プペリン」という2つの成分があり、
肝臓の機能を助けてくれたりアルコールの分解
機能を助けてくれたりします。


それと、アルコールやアセトアルデヒドが分解され
るまで安静にしているということも非常に大事です。


最近二日酔いが多い原因


昔は、この程度の量で二日酔いにならなかったのに、
突然二日酔いになることが多くなったという人たちも
中にはいます。


少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い3


人間は年を重ねると、身体はもはや昔のように回復
することはできないものです。


同じく二日酔いも、仕方のないものとして捉えるべき
でしょうか。


二日酔いになりたくないのなら、アルコールを摂取
しなければいい訳ですが。。。





SponsordLink







「やはりそんな日常生活は切ない……。」


でも深酒をすると、段々キツイと思うこともあるはず
です。


「アルコールはほどほどに!」

というモチベーションも大事ですね。


年齢を重ねるにつれて、肝臓が生成する抗酸化物質
が徐々に減少し
ていくことになります。


だから体内から排出しきれない毒素が残り、頭痛など
症状を引き起こす
ことになります。


特に、日常的にアルコールを摂取している人たちは、
肝臓が無理に働いて脂肪肝を引き起こすこともある
と言いますから、体を労わる事も忘れないようにして
くださいね。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 少し飲み過ぎると直ぐに二日酔い!お酒は弱くないのにどうして?良い対策はある?