若くてもトイレが近い人が増えている!?もしかして病気なの?克服できる方法は? | 雲散霧消.com

若くてもトイレが近い人が増えている!?もしかして病気なの?克服できる方法は?


若くてもトイレが近い人が増えている サム

高齢者であれば、「頻尿」という症状も
当たり前に起こるものとして受け止め
れますが・・・

最近では、若い人たちが頻尿傾向
あると言います。

何か深刻な病気でも抱えているので
しょうか。

SponsordLink




昔に比べ、ファーストフードやコンビニなど
食生活が大きく変わっていることも原因
なのでしょうか。

もし病気だとしたら、どんな病名?

また、克服できる効果的な方法はある?

色々と調べてみましたので、ご紹介しますね。


最近トイレが近い人たちが増えている!?


ほとんどの人たちが、若いからトイレが近いなんて
ことはないと思っているのです。


しかし、最近ではそうでもないようなのです。


トイレが近いことを、ズバリ「頻尿」と言います。


ただし頻尿には、尿を我慢できずに漏らしてしまう
ケースや、夜中に何度もトイレに起きなければなら
ないケースもあるようです。


若くてもトイレが近い人が増えている1


トイレが近いのなら、トイレに行けばいいという問題
なのでしょうか。


夜に何度もトイレにいかなければならないというの
は、なかなかストレスを溜めることですし、好い睡眠
を取ることができず他の病気の原因となってしまう
かもしれません。


冷え症による頻尿


若い人たちには冷え症による頻尿が多いと言われ
ています。


冷え症による頻尿


体のなかにある内臓にとって冷えは大敵です。


体内の水分をコントロールしているのは腎臓であり、
特に腎臓が冷えを嫌っていると言います。


腎臓には毛細血管が密集しているため、冷え性に
よって血流が悪くなって尿を溜めることができなく
なってしまう
のです。


内蔵型冷え性


内臓に暖かい血液がめぐりにくい冷え性があり、
それを「内蔵型冷え性」と言います。


内臓が冷えることで膀胱が縮んでしまって頻尿に……。


手のひらや足の裏などは温かいのに寒いと感じたり、
下痢や便秘になりやすい。





SponsordLink







お腹のほかに、

「太ももや二の腕が冷たい」

「やる気が起きない」

「身体がだるい」


更に、冬の時期ににトイレが近くなる症状があれば、
ちょっと内蔵型冷え性の心配もしてみてください。


原因は、自律神経の乱れとも言います。


血管を収縮させて、体温の調整をしているのは
「自律神経」です。


自律神経の乱れは、精神的なストレスが大きな
原因として考えることができます。


アルコールが原因?


アルコールを飲んで頻尿という人たちは多くいます。


アルコールには、利尿作用があることで有名です。


アルコールが原因?


アルコールを飲んでトイレに行けば、必要以上の
水分が出てしまうことになりますので、脱水症状を
引き起こさないようにも注意をしなければなりません。

ビールなどの冷たいお酒が、内蔵型冷え性を招く
可能性があります。


夜になるとトイレが近いのは?


通常では、私達は排尿を止めておくホルモンの
働きによって、トイレに行きたいという感覚を抑え
ることができます。


ホルモンの量が減ってしまうことで、寝ていても
トイレへ行きたい思いが高まってしまう事になり
ますが・・・





SponsordLink







原因として加齢や腎機能の低下、また心臓機能
の低下
も考えることができます。


高血圧の薬を服用している方にも起こりやすいと
言われています。


いかがでしょう。


若い人たちも、頻尿には決して無関係ではないと
いうことが多少理解できたのではないでしょうか。


取り敢えず、自律神経の乱れを整えストレス解消
の方法
などを考えてみましょう。


ストレスも自律神経を乱す原因なのです。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 若くてもトイレが近い人が増えている!?もしかして病気なの?克服できる方法は?