更年期障害になる人のタイプとは?逆にならない人のタイプは?やはり性格が原因なの? | 雲散霧消.com

更年期障害になる人のタイプとは?逆にならない人のタイプは?やはり性格が原因なの?


更年期障害になる人のタイプとは サム

ある年齢になれば、当たり前に『更年期障害』
になるものと考えている人たちもいらっしゃる
ようです。

しかし、それは本当なのでしょうか。

一般的には、平均で45歳55歳までにかかる
病気だと思っている人たちが多くいます。

その考え方に間違いはありませんが・・・

それでも更年期障害を発症する女性の数は
全体の60~70%程度といわれ、おおよそ30%
程度
の人たちは更年期障害にならない人たち
です。

SponsordLink




できれば、ならないタイプの人たちになりたいと
多くの人たちが考えることでしょう。

更年期障害は大変多くの人たちが疾患するもの
であり、その年齢に達すれば必然的になるものと
いう意識も生まれるのかもしれませんが、決して
そのようなものではないのです。


更年期障害になる人とならない人にはどのような違いがあるの?


ここで考えて欲しいのは、『更年期障害』になる人たち
とならない人たちの違いです。


女性の更年期とは、閉経を間にした前後5年間の事
言います。


閉経とは1年以上生理が完全に止まってしまう状態
ことをいい、これよって女性は妊娠や出産ができない
身体になってしまうのです。


更年期は生理不順から起こり、それは女性器官の機能
が低下して行ってしまうことによって起こります。


更年期障害になる人のタイプとは1


更年期障害には、「卵巣」が大きく関係がしているよう
ですね。


卵巣は卵子を作る機能を持っていますし、生理周期に
合わせて女性ホルモンを作る役割を持っています。


更年期障害との因果関係が深いのは、女性ホルモン
の中でも卵胞ホルモンの「エストロゲン」です。


「エストロゲン」のもつ役割


「エストロゲン」には生理や妊娠、出産に関わる役割を
持つ以外にも「自律神経を調整」する機能を持っています。


エストロゲンの減少によって心の自己修復が困難となり、
様々な自覚症状を伴う更年期障害がここで発生すると
いうメカニズムを持つことになります。


更年期障害になる人のタイプとは2


つまり更年期障害にならない女性たちがいるとすれば、
エストロゲンに大きな関係がありそうだという事が判って
きます。


更年期障害になる人たち、ならない人たちを果たして
単に性格という問題で片付けてしまうことには問題は
ありそうです。





SponsordLink







更年期障害になる人たち、ならない人たちのヒントは
エストロゲンの減り方に関わっています。


もう少し追求すれば更年期障害になりやすい人たちは、
「血流」の悪い人たちのようなのです。


「運動不足」

「生活習慣病」

「偏食」

「不摂生な生活」

「喫煙」


など、様々な原因で血流はどんどん悪くなっていくこと
になります。


血流の悪い人たちは注意したい!


ズバリ、脳からエストロゲンを作れという指令が出て
ホルモンが血流にのって卵巣に届き、卵巣では指示
に従ってエストロゲンが作られることになります。





SponsordLink







血流がスムーズでないと、情報のキャッチボールが
上手く行かなくなってしまうようですね。


作り終わると、その情報がまた血流に乗って脳へと
フィードバックする行為も血流によって滞ってしまう
ことになります。


つまり、更年期障害の原因は「エストロゲン」であり、
「血流」なのです。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般, 身体の悩み・疑問 » 更年期障害になる人のタイプとは?逆にならない人のタイプは?やはり性格が原因なの?