急性腎不全ってどんな病気?症状や原因は何が多い?放っておくとどうなる? | 雲散霧消.com

急性腎不全ってどんな病気?症状や原因は何が多い?放っておくとどうなる?


急性腎不全ってどんな病気 サム

何やら、とても恐い病気のイメージがある
『急性腎不全』

そもそも、どのような病気なのでしょうか。

とにかく私達は、様々な病気に対して正しい
知識で向きあうことが大事だと思います。

SponsordLink



そのためにも、症状や原因は何が多い
のか?

もし放っておいた場合、どうなって
しまうのかなども合わせ、ご紹介しますね。


『急性腎不全』ってどのような病気なの……?


『急性腎不全』は、何らかの原因によって腎機能が
急激に低下してしまい、

「高クレアチニン血症(血清クレアチニンの高値)」

「高窒素(ちっそ)血症(血中尿素窒素の高値)」

「体液中の水・電解質異常」


などが起こってしまう病気です。


尿量の減少を伴う

『乏尿性(ぼうにょうせい)急性腎不全』
(尿量が400ml日以下)

『非乏尿性急性腎不全』

もあります。


『急性腎不全』の原因……?


どうして、急性腎不全の症状にかかってしまうので
しょうか。


「腎前性」の場合、腎臓自体に障害はないと考える
ことができ、循環血流量が低下することによって、
急性腎不全になってしまいます。


尿を作る原料である血液が、腎臓に対して供給が
不足し、このような病気になってしまうのです。





SponsordLink







下痢などによる循環血漿が減少してしまうことに
より、それが起こることもありますし、『心筋梗塞』
などによる重症レベルの心機能低下でなることも
あります。


他にも、『敗血症(はいけつしょう)』などによる
末梢血管障害や、『両側腎動脈狭窄(きょうさく)』
なども考えることができます。


腎前性は、腎臓以外の臓器障害が原因と考えられ
ますが、「腎性」の場合では腎臓自体が障害された
ために起こる急性腎不全として考えられています。


腎臓の病気、薬物、その他の病気の代謝産物に
よる閉塞や、その物質の腎毒性などを原因として
あげることができます。


急性腎不全ってどんな病気2


更にもうひとつ、「腎後性」について考える必要が
あります。


それは、腎臓でつくられた尿を体外へ排泄する経路
が閉塞し発症
する急性腎不全のことです。


経路とは尿管、膀胱、尿道などのことです。



他臓器の腫瘍の「後腹膜(こうふくまく)」への転移
泌尿器科的な病気を原因としてあげることができます。


『急性腎不全』と、どのように向きあえば良いのか?


私達は、急性腎不全とどのような向きあい方をすれ
ば良いのでしょう。


急性腎不全を放置しておけば、一体どのようなこと
になってしまうのでしょうか。


私目を背けず、しっかりと恐い病気とも向きあう必要
があります。





SponsordLink







急性腎不全は、腎機能の低下が起こることで生命の
危機に陥ることになります。


慢性腎不全で透析療法が必要になるまで腎臓が悪化
すれば、回復の可能性はありませんが急性腎不全の
場合
適切な治療を速やかに行うことで回復する道は
開けてきます



急性腎不全ってどんな病気3


ただし、急性腎不全は初期症状がなく気がつかない
間に進行していることがあります。


まず疑わしいと思えば、しっかり医師と向きあう気持ち
が大事です。


治療の基本は、原因となる病態を改善させて腎機能
が回復するまで、破綻した体内の内部環境を維持する
ことです。


進行した急性腎不全には、血液浄化療法が取られます。


【薬物治療で臨床上の結果、効果が証明されたもの
 はないとされています。

 腎臓自体の障害が原因の場合は、死亡率10%以下
 ですが、腎臓以外の臓器障害が原因の場合約50%
 です。】











  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 急性腎不全ってどんな病気?症状や原因は何が多い?放っておくとどうなる?