乳房に不快感が?もし乳癌の場合、その症状や治療法は?それとも何か違う病気? | 雲散霧消.com

乳房に不快感が?もし乳癌の場合、その症状や治療法は?それとも何か違う病気?


乳房に不快感が サム

最近では、『乳がん』についてかなり心配して
いる方々も増えているようです。

それにより、乳がん検診など受ける率も高く
なり、幸い早期発見で重病化せずに済んだ
人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。

SponsordLink



乳がんの場合、乳房にしこりや不快感がある
と言いますが・・・

他にも症状はあるのか?

また治療法や、乳がん以外にどんな病気が
あるのでしょう。


『乳腺症』とは……


実際に『乳がん』は、ほぼ女性の方の病気というの
が一般的ですね。


この『乳腺症』というのは、あまり聞き慣れない名前
かもしれませんが、乳腺症というのは他の乳房の
疾患ではないけれども、よくわからない不快な症状
がある状態という曖昧な感じの病名
です。


好発年齢は30~40代の月経期にある女性たち
あり、男性には発現せず、そして若い女性や閉経後
の女性にはないことから、女性ホルモンが影響して
いると考えることができます。


ただ現状では、因果関係や発症プロセスは判って
いないのですが、月経期の女性であれば誰でも
乳腺症になる可能性はあると考えて良いでしょう。


乳腺症の主な症状は、

「乳房の張りや痛み」

「しこり」


です。


乳房に不快感が1


乳頭から乳汁の分泌が見られる時もあります。


『乳がん』と間違えやすい!?


『乳腺症』と同じく、しこりができる病気は『乳がん』
です。


だから、そのような症状が現れたたら女性の人たち
は、

「乳がんかも……」

ということをやはり心配してしまうでしょう。


乳房に不快感が2


率直なところ、実際に乳がんということも十分にあり
ます。


もし乳がんなら、発見したらすぐに治療しないと命に
かかわる怖い病気です。





SponsordLink







本当なら、『乳腺症』と『乳がん』が明確に判る方法
があれば良いのですが……。


乳がんのしこりは『癌』という名前の通り、しこりは
岩のようにごつごつと固い凸凹した感じです。


痛いから乳がんと思っている人たちもいらっしゃる
ようですが、痛みをともなうのは乳腺症の方です。


そして、乳腺症によってできるしこりは柔らかい感じ
です。


しかし、『乳がん』かもしれない?


しかし、それは乳腺症ではなく『乳がん』かもしれま
せん。


女性の人たちは、まず乳がんというものに対して
知識を蓄えることも必要ではないでしょうか。


乳がんの症状は、既にお話ししている「しこり」です。


そして、乳頭を絞ると乳管内にできた癌により血性
の分泌物が乳頭から出てくることがあります。


手をあげた時に乳腺にひきつる感じを自覚したら、
それも乳がんのサインかもと考えて良いでしょう。


乳房に不快感が3


一般に乳がんは、比較的緩やかに進行するものが
多いですが、まれに早く大きくなるものもあります。


乳がんが、ステージ0~Ⅲ期の場合は必ず外科療法
による手術
を行います。


ただし、ステージIV期の場合でも手術を行うケース
もあります



乳がん治療は外科療法というイメージを持っている
人たちも多くいらっしゃるようですが・・・


現在では、乳房全摘術かなり進行していない限り、
できるだけ行わないようです






SponsordLink







乳房温存術が治療の第一選択肢となり、全体の
40%以上を占めています。


乳房温存術とは、女性の人たちのことを考えてくれ
て、できるだけ乳房を残すようにと腫瘍を含めた
切除範囲を最小限に留める手術法
なのです。


癌の腫瘍ができた部位より1~2cm程度大きめに
円形や扇形に切除して皮膚は一部切開する



また、全く切除しない程度です


乳房に多少のひきつりや変形は生じますが、乳房
は温存
することができます。


更に温存術は再発のリスクが高くなるため、手術後
放射線療法を行ったりします。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 乳房に不快感が?もし乳癌の場合、その症状や治療法は?それとも何か違う病気?