労働基準監督署ってどんな仕事?どうすれば働けるの?何か資格など必要? | 雲散霧消.com

労働基準監督署ってどんな仕事?どうすれば働けるの?何か資格など必要?


労働基準監督署ってどんな仕事 サム

「労働基準監督署で仕事をしたい!」

「労働基準監督官になりたい!」


そんな思いを抱いている人たちって、
結構いらっしゃるのではないでしょうか。

SponsordLink



でも実際、『労働基準監督署』はどんな
仕事をしているのか、ご存知でしょうか?

そこで今回は、どうすれば働けるのか

何か資格が必要なのかなど調べてみました。

仮に監督署で仕事ができたとしても、

「なんだ、こんな仕事だったんだ……」

ということにならないようにしたいものですね。


労働基準監督署、監督官とは……


「労働基準監督官」とは厚労省職員、即ち身分は
国家公務員です。


労働基準監督署ってどんな仕事1


それは、『労働基準監督署』で仕事をする人たちの
ことであり、労働者たちが働く事業所等へ訪問して
「労働基準法」を照らし、問題が起こっていないか
などをしっかりチェックする業務です。


万が一問題がある場合は、事業責任者を指導し
たりします。


労働基準監督官の仕事は、労働している人たち
の安全を確保することであり、労災補償業務等
を遂行
していきます。


労働基準監督官になるには?


もちろん、労働基準監督官として仕事をしたいと
思っている人たちも多くいるでしょう。


しかし実際は、そう簡単に労働基準監督官には
なれません。


まず、「労働基準監督官採用試験」を受験し合格
する必要があります。





SponsordLink







労働基準監督Aの場合、主として文系


労働基準監督Bは主に理系


このように2つの区分があり、一般教養を問う
試験の他に、AとBそれぞれの専門的内容が
一次試験で課されることになります。


労働基準監督署ってどんな仕事2


一次試験にパスしたら、今度は人物試験や身体
検査
があり、それに合格できれば労働基準監督官
になることができます。


労働基準監督官に向いているタイプとは?


果たして、どのような人たちが労働基準監督官に
向いているのでしょう。


やはり、現代社会に立ち向かうための最大なる
武器は、「正義感」ではないでしょうか。


更に労働基準監督官には、労使双方の言い分を
それぞれ冷静かつ、客観的に耳を傾ける姿勢
求められています。





SponsordLink







冷静さや判断力を持ち合わせるのは勿論ですが、
しっかりとしたコミュニケーションができる人です。


みなさんは、労働基準監督官という仕事は事業者
を一方的に糾弾するものとか、日常生活のストレス
をここで解消している気持ちの良い仕事だと勘違い
している人もいらっしゃっるかもしれませんが・・・


労働基準監督官という仕事は、決してそのような
仕事ではありません。


労働基準監督官の使命は、労働者が健康的で
安全に働ける条件や環境作りの指導
です。


労働基準監督署ってどんな仕事3


やはり労働基準監督官に大事なのは、「正義感」
なのです。


いま、労働基準監督官という仕事がクローズアップ
されているのは、労働基準監督署に注目する人が
以前よりも俄然増えてきたからとも言えます。


労働基準監督署に相談すれば、世界はもっと
スムーズに進行すると思っている人たちが、
現代社会において段々と増えているのです。


ですから、労働基準監督官という仕事の責務も
更に大きくなって来たということができますね。


ただ、時間外手当が支払われていないという理由
で相談する人たちもいるようですが。。。


「まずは自身で社内に請求してみてください!」

といった返答をされるでしょうし、

「期待していた反応を示してもらえなかった……」

と肩を落とす人たちもいるようです。


なので相談にいく人たちも、労働基準法を違反して
いるという明確な証拠があるかどうかなどの準備
が必要になってきます。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 仕事の悩み・収入他 » 労働基準監督署ってどんな仕事?どうすれば働けるの?何か資格など必要?