小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは?食生活も発症原因になる?治療にかかる期間は? | 雲散霧消.com

小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは?食生活も発症原因になる?治療にかかる期間は?


小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは サム

『小児喘息』にかかってしまう子供が、
年々増えていると言います。

お母さんは、自分で病気を自覚でき
ない子供のために、しっかり病気を
チェックするモチベーションが大事

です。

SponsordLink



その小児喘息ですが、つい見逃して
しまいがちな初期症状
に多いのは?

また治療にかかる期間や、日頃の
食生活でも発症原因はあるのでしょうか。

『小児喘息』!見逃してしまう初期症状に多いのは?


喘息というのは、気管支が傷つくことで腫れたり
胆がつまったりなどによって気管支が狭くなり
空気が通りにくくなる病気です。


子供が、「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という呼吸
によって苦しんでいることはないでしょうか。


「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」と音(喘鳴)が
するのは、小児喘息の初期症状です。


小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは1


子供の場合、 気管支がとても敏感な状態なので、
少ない刺激だとしても強く反応してしまう事になり
ます。


子供の場合、

「冷たい空気」

「線香の煙」

「花火の煙」

「たばこの煙」


と言ったものにも配慮する必要があり、アレルゲン
でないものに対しても、発作の症状が起こる
ことが
あります。


子供には、更に風邪によって小児喘息が発症する
場合もあり、雨や台風でもおこることがあります。




SponsordLink






食生活も発症原因になるの?


小児喘息は、食事に対しても配慮が必要とされて
います。


喘息といえば、ハウスダストや感染症環境汚染
によりアレルギースイッチが、オンになる場合が
あると言われていますが。。。


実際のところは、まだ研究の途中です。


食べ物に意識を向ければ、お母さんたちはどの
ような注意をする必要があるのでしょうか。


喘息に対して、アレルゲンとなる食品は、

「卵」

「牛乳」

「小麦粉」

「大豆」

「米」

「そば」

「肉」

「魚」


です。


小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは2


大人の場合では、「そば」「小麦粉」「カニ」
「エビ」などの甲殻類で発作を起こす人たちもいます。


果物では、「キウイフルーツ」が喘息発作を引き
起こすことがあるとされています。


キウイフルーツに含まれる、「アクチニジン」という
たんぱく質分解酵素が原因です。


更にお母さん方は、このような食べ物にも注意を
払う必要があります。


『喘息発作』

『蕁麻疹』

『目の充血』


などアレルギー症状の原因となる食品を新鮮に
見せるため使われている、

「合成着色料(タール色素)黄色4号」

(ゼリー、飴、漬物、魚肉練り製品など)


他にも食品を長く持たせるため、

「ハム・ソーセージ」

「おにぎり」

「ワイン」

「佃煮」

「チーズ」


などに使用される

「合成保存料」

(安息香酸、安息香酸Na、ソルビン酸など)


また、食品の色を綺麗に見せるため使用されて
いる「発色剤」(亜硝酸Na)は、「ワイン」「ハム」
「ソーセージ」などに使用されます。




SponsordLink






治療にかかる期間は?


呼吸困難を起こし、外来では対処できない場合
など、入院というケースもあります。


殆どのケースでは、入院して5日程度で退院でき
ることが多いようですが、中には肺炎などを起こし
ている可能性もあり、10日ほどの入院が必要な
場合
もあります。


子供の喘息は、大人に比べると治りやすいと言わ
れています。


それは『慢性炎症』が、あまり進行していないから
と言われています。


小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは3


小児喘息の治療では、今だけ良くなればいいと
いう短期的姿勢ではなく、長い人生を喘息で苦し
まない将来のための治療という考え方
を、是非
忘れずにして欲しいと思いますね。


小児喘息だからこそ、根気良く継続して治療する
姿勢が大事なのです。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 小児喘息で見逃してしまう初期症状に多いのは?食生活も発症原因になる?治療にかかる期間は?