会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い?ボーナスは設定できる?会社が支払う税金の計算は? | 雲散霧消.com

会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い?ボーナスは設定できる?会社が支払う税金の計算は?


会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い サム

自身が会社設立において、まだまだ
判らないことはたくさんあります。

中でも、

「自分の給与はいくらにすれば良い?」

というのも大事な問題です。

SponsordLink



社長である自分の給料を、高くしたい
思いはあるものの、税金問題も考えなく
てはなりません。

そこで今回は、自身の給料やボーナス

会社が支払う税金の算出など、色々と
調べてみました。


会社設立後、自身の給料の設定は?


まず社長の給料を経費にするには、ルール
あると考えてください。


給料は、「役員報酬」というものです。


会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い1


役員報酬は社長自身だけではなく、取締役や
監査役などの役員の給料
をさします。


そして税法上、損金不算入であることを理解
しなければなりません。


ということは、ルールとして経費にすること
ができません



ただし例外もあり、毎月一定の時期に定額で
支払われる報酬
は、経費にすることができ
たりします。


そのためには、1年間同額で金額を固定して
おく必要があります。


会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い1-2


会社で大きく利益が出たからといって、
役員報酬を増額し経費にしようとしても、
その分を税務署は認めてくれません。

※決算から3ヶ月以内は、金額を変更する
ことはできます。




SponsordLink





ボーナスは設定できる?


従業員の賞与とは違い、ボーナスについては
原則として、経費に計上することはできない
ので、ここは注意する必要があります。


社長に報酬を支出するのなら、「役員賞与」
いう形ではなく、「役員報酬」で貰うのが節税
のポイント
です。


会社が支払う税金の計算は?


「定期同額給与」で役員報酬を経費にした場合、
いくらぐらいに報酬額を設定するべきかという
問題ですが。。。


役員報酬を高くしてしまうと、個人の所得税が
高く
なってしまうことになり、逆に低すぎれば
法人税が高く
なってしまいます。


勝手に決められるということではなく、会社の
利益と社長の報酬のバランス
を考る必要が
あります。



SponsordLink





一般的にですが、社長に家賃収入といった多額
の副収入がない場合では、月額百数十万円程
度までは、役員報酬で支払った方が節税できる

と言われています。


突然の資金需要がないという場合においては、
月々の役員報酬を減らし退職金で受け取る事
で、節税をする方法もあります。


所得税の税率は、「超過累進課税」となります。


会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い3


社長一人が高額の役員報酬をもらっていると、
必然的に税金が高くなってしまうことに対して
も配慮が必要になってきます。


ですから、会社設立において所得分散という
意識を持ち、節税を行う方法について考えて
いかなければなりません。


所得分散の対象となるのは、社長の家族たち
です。


例えば、配偶者や自分の親たちを役員にする
ことで、所得の分散をすることができます。


個人事業という場合には、税制上の優遇措置
はあるものの、給料がしっかりした労務の対価
であるかどうかについて厳しいチェックが入る

ことになります。


ですが、この場合なら報酬は経営遂行に対
する役務として、あえて事業に従事している
実態が問われるということはないでしょう。


いかがでしょう。


とにかく、お金の問題は一番最初に考える
べき大事なポイント
です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » その他疑問 » 会社設立後、自身の給料はどう設定すれば良い?ボーナスは設定できる?会社が支払う税金の計算は?