子供が胃腸炎!これってどんな病気?原因は何?一般的に多い症状とは? | 雲散霧消.com

子供が胃腸炎!これってどんな病気?原因は何?一般的に多い症状とは?


子供が胃腸炎 サム

「子供が胃腸炎に・・・」

その時お母さんは、どのような対応を
すれば良いのでしょうか。

まずは、原因を知ることが肝心なので
すが。。。

SponsordLink



そもそも『胃腸炎』って、どんな病気
なのか?

原因や、一般的に多い症状など調べ
てみました。


『胃腸炎』ってどんな病気?


『胃腸炎』とは、その名前のまま何らかの
原因があり、胃腸に炎症などのダメージ
が発生してしまう病気
です。


子供が胃腸炎1


主だった原因は、

「ウィルス」

(ノロウイルス・ロタウィルス・アデノウィルスなど)

「細菌」

(腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・病原性大腸菌・カンピロバクターなど)


が知られていますが。。。


他にも

「ジアルジア属」

「クリプトスポリジウム属」


と言った寄生虫の可能性もあり、好ましく
ないものを口にした場合(薬、植物など)
やアレルギー、動物と触れあうこと



更に、ストレスなどが原因として考えられ
ます。



SponsordLink





原因は何?


乳幼児が『胃腸炎』になった場合には、
ウィルス感染の疑いが最も高いです。


中でも、2歳くらいまでの子供が感染しやす
「ロタウイルス」は、重症化しやすいので
呉々も注意してください。


ウイルスは、同年代の友達の唾液くしゃみ
による飛沫感染


子供が胃腸炎2


また、唾液の付いたおもちゃに触れたりして
広がる可能性
があり、特に保育園や幼稚園
『ウィルス感染症』『胃腸炎』が流行した
ときは注意する必要があります。


1歳以下の子供さんの場合、年長児よりも
比較的脱水症状が出やすく、進み方も早い
傾向があります。


乳幼児の場合、『乳児嘔吐下痢症』という
言い方をし、年長児の胃腸炎よりも注意が
必要です。


乳児嘔吐下痢症


年長の子供の場合は、大人の人たちと同様
に細菌による胃腸炎が多い傾向にあります。


汚染された食べ物加熱処理や殺菌処理
ができてない食品
などに注意してください。


一般的に多い症状とは?


子供の『胃腸炎』で必ず現れる症状と言え
ば、「下痢」「嘔吐」なのです。


「下痢」や「嘔吐」が同時に起こる場合もあり
ますが、多くのケースでは嘔吐の後に下痢
が起こります。


子供が胃腸炎3-1


他にも腹痛食欲がなくなったり発熱など
の症状が起こります。


そして、胃腸炎での合併症として最も多い
のは「脱水症状」です。



SponsordLink





胃腸炎になってしまうことで嘔吐や下痢に
より、体の水分が失われてしまうことになり
ますので、呉々も脱水症状にならないよう、
お母さんたちは注意して様態を看てあげる
必要
があります。


「唇や手のひらが乾いている」

「尿が濃い、量が少ない」

「顔色が良くない」

「元気がなくぐったりしている」



子供が胃腸炎3-2


そして、泣いているのにも関わらず目から
涙が出なかったり怒りっぽくなる



口の中が乾いているという症状があれば、
それが脱水症状のサインです。


注意しなければならないのは、ウイルス性
の胃腸炎
には有効な薬がないことです。


それぞれの個別の症状に対するケア・治療
が行われることになります。


細菌性の胃腸炎には、抗生物質が有効的と
されています。


こちらも対症治療、つまり病気の原因を取り
除くのではなく、病気によって起っている症状
を和らげたり、なくしたりする治療法の比重が
大きいです。


胃腸炎においては、特に脱水症状を避ける
ため、点滴が実施されることがあります。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 子供が胃腸炎!これってどんな病気?原因は何?一般的に多い症状とは?