睡眠障害の不眠症!原因は何が多い?症状で多いケースと改善策はある? | 雲散霧消.com

睡眠障害の不眠症!原因は何が多い?症状で多いケースと改善策はある?


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い サム

あなたも、睡眠障害『不眠症』
起こして、寝れないといったことは
ないでしょうか。

現代社会の人たちは、結構このよう
な症状に苦しんでいる人たちも多い
と言います。

厚労省の睡眠に関しての調査では、
5人1人

「自分は不眠がちだ・・・」

と感じているといいます。

そして10人1人は、長期にわたり
不眠に悩まされている
と結果報告
があります。

SponsordLink



そんな『不眠症』ですが、原因は何
が多い
のでしょうか。

また、症状で多いケースや改善策
はあるのか
など、まとめてみました。


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い?


ここでは、どうして『不眠症』になってしまう
のか、原因を考えてみましょう。


かつて、原因不明なものとして『原発性不眠』
があり、何らかの病気が原因とされるものに
対して、『続発性不眠』という分類のされ方を
していました。


しかし、 原因となる精神疾患が良くなって
も、不眠が残ることが多いという理由から、

『急性不眠』『慢性不眠』

という分類の仕方が現在されています。


些細な理由で不眠症が起こることもあり、
それが段々と不眠症の恐怖感によっても、
悪循環に慢性化してしまうリスクも抱えて
いると言われています。


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い1


おおかた不眠症の原因には、

・精神疾患

・身体疾患

・薬の副作用

・生理的な原因

・心理的な原因


と言ったものがあります。


症状で多いケース!?


最近では、精神疾患で『不眠症』にかかる
ケースも、増えていると言われています。



SponsordLink





精神的ストレスを抱えた人たちが、不眠症
により、ますます心身が疲労する事になって
しまい、

『うつ病』

『統合失調症』

『双極性障害(躁うつ病)』

『不安障害』


と言った精神疾患が発症することもあります。


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い2


他にも、痛みや痺れ、痒み、圧迫感、息苦し
と言ったものが起こり、身体疾患が不眠症
の原因
となる場合もあります。


改善策はある?


精神疾患が原因の不眠症のケースでは、
誰かに相談しても、

「眠れないことなんて誰だってあることだ!」

とか、

「くよくよしているから眠れることができない……」

と言われて、孤立した寂しい気持ちになる
人たちも多いようです。


精神疾患は、生活習慣改善などの努力だけ
では、なかなか効果が現れず、寝ることが
できないから余計に様々な不安
を抱えてし
まい、抑うつ感が増すことになります。


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い3-1


それに、睡眠薬などでは効果が乏しいこと
も多いです。


その原因となる精神疾患により、抗うつ剤
抗精神病薬などの適切な薬を使っていく
必要があります。



SponsordLink





そして、身体疾患が原因という場合には、
睡眠薬よりも適切な身体の治療が必要
になります。


また、薬が副作用という場合もあります。


・抗うつ剤

・ステロイド剤

・パーキンソン病治療薬

・降圧剤

・甲状腺治療薬


と言ったものが、不眠症の原因になっている
可能性があります。


副作用は非常に個人差が大きなものです。


もし薬を飲み始めたあと、明らかに不眠の
症状が出たと思える場合
は、しっかり医師
に、そのことを伝えるようにしてください。


体内時計のリズムの乱れ加齢による変化
など、生理的原因もあります。


日中に光を浴びると、「メラトニン」の分泌
が高まることが知られていますよね。


睡眠障害の不眠症!原因は何が多い3-2


高齢の人たちは、日光浴をすることで不眠
改善に繋がる
事がありますので、是非試し
てみてください。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般, 身体の悩み・疑問 » 睡眠障害の不眠症!原因は何が多い?症状で多いケースと改善策はある?