『膵臓癌』とは、どんな病気?原因は何が多い?一般的に多い症状は? | 雲散霧消.com

『膵臓癌』とは、どんな病気?原因は何が多い?一般的に多い症状は?


『膵臓癌』とは、どんな病気 サム

癌の中でも『膵臓癌』は、かなり重度
の病気というふうに、理解している人
たちも多いのではないでしょうか。

実際その考え方は間違いないと思い
ますが、更にこの病気の知識を蓄え、
予防対策にも向きあってみましょう。

SponsordLink



そこでまず、膵臓癌とはどんな病気なのか。

また、原因に多いのは何なのか。

一般的に多い症状など、まとめてみました。


『膵臓癌』とは、どんな病気?


やはり多くの人たちが、癌だけにはなりたく
ないと思っているでしょう。


癌になるのが怖いという意識は、真にどの
ような癌かという問題を無視した考えです。


そんな中でも『膵臓』は、胃の裏側(背側)に
位置する横に細長い臓器
のことです。


3等分した右側を頭部左側を尾部中央を
体部
と言います。


『膵臓癌』とは、どんな病気1


『膵臓癌』は、十二指腸への膵液の通り道
である膵管から発生
したものが、殆どとされ
ています。


更に、3分の2以上は膵頭部に発生すると
されているそうです。



SponsordLink





膵臓癌の厄介な点は、早期発見が困難
あることであり、直径2㎝以下の小さな癌で
直ぐに周囲へ浸潤したりリンパ節へ転移
し、遠隔転移を伴うことが多いことです。


『膵臓癌』とは、どんな病気1-2


それは、消化器癌の中で最も予後不良の
癌という扱いなので、できれば同じ癌でも
膵臓癌だけはなりたくないという人たちが
多くいます。


原因は何が多い?


『膵臓癌』の発症は、60歳以上の男性
多い傾向にあります。


昔に比べ、医学が進んでいるといわれて
いますが、原因は明確になっていません。


ただ現在は、喫煙慢性膵炎糖尿病
肥満と関係があるのではないかという事
です。


膵臓癌は厄介な癌なので、日常生活から
しっかりならないような対策が必要です。


2007年には、日本膵臓学会から報告された
膵臓癌登録報告によれば、男女比は3:2
男性が多く、平均年令は、それぞれ63.9才、
65.9才ということです。


家族歴がある率は4.8%


家族内発癌は6.0%です。


そして喫煙は、膵臓癌発症の危険率を2倍
から3倍に増加させる
いうことです。


『膵臓癌』とは、どんな病気2


非喫煙者と比較して、喫煙者の膵臓癌発症
の相対危険度
は男性で1.6倍、女性で1.7倍
です。


禁煙により、膵臓癌の発症危険率が低下
すると言われています。


他にも、コーヒーや緑茶が発症に影響する
と、現在報告されています。



SponsordLink





しかし、飲酒が膵臓癌リスクを増加させると
する疫学的根拠は、まだ現在不十分なよう
です。


また肥満は、膵臓癌の発症危険率を増加
させると報告されています。


『膵臓癌』とは、どんな病気2-2


やはり生活習慣の中で、食事の要因もある
と考えて良いでしょう。


脂肪の過剰摂取はリスクを上昇させ、野菜
や果物の摂取で低下させることができます。


一般的に多い症状は?


『膵臓癌』には、

「食欲不振」

「体重減少」

「上腹部痛」

「腰背部痛」


などの症状があります。


膵頭部癌では、これらの他に黄疸便が
灰白色
になるなど症状があります。


また、膵管も圧迫され二次性膵炎を起こし、
糖尿病になったり悪化したりすることがあり
ます。


進行して十二指腸や小腸に浸潤すれば、
狭窄閉塞による通過障害が起こります。


『膵臓癌』とは、どんな病気3


更に、上腹部のもたれや痛み感があったり、
背部痛や腰痛がある場合。


中年以降、糖尿病を発症したりするケース
は、とにかく早期診断が求められます。


治療の方法には、外科的切除術や放射線


そして化学療法などがあり、最も根治が
期待できるのは外科的切除術です。


ただし、発見された時点では既に進行して
いるケースが多くあり、切除できる症例は
4割前後
とされています。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 『膵臓癌』とは、どんな病気?原因は何が多い?一般的に多い症状は?