更年期障害の特徴で多いBEST3!原因として多いケースは何?年齢層は? | 雲散霧消.com

更年期障害の特徴で多いBEST3!原因として多いケースは何?年齢層は?


更年期障害の特徴で多いBEST3 サム

そもそも皆さんは、『更年期障害』
どのようなものとして捉えていますか。

「あれも更年期障害、これも更年期障害。。。」

と思っていませんか?

SponsordLink



そこで今回、更年期障害の特徴で
多いBEST3


また、原因として多いケースは何?

年齢層はなど、調べてみました。


更年期障害の特徴で多いBEST3!


まず『更年期障害』は、頭痛に多くの人たち
が悩まされています。


脳の血管壁の収縮や痙攣によって、起こる
と言われています。


そして、肩こりも当たり前のように起こる
症状です。


更年期障害の特徴で多いBEST31


とは言っても、更年期障害の代表的症状
は、

・のぼせ

・発汗

・ほてり


です。


更年期障害の特徴で多いBEST31-2


中でも、「ほてり」「のぼせ」という
ホットフラッシュが起き、汗が止まら
なかったり顔が熱くなったりします。


原因として多いケースは何?


日本の女性が閉経になるのは、50歳~51歳
と言われています。


そして、更年期障害になる一般的パターンは、
この閉経前後45歳~55歳前後です。


更年期障害の特徴で多いBEST32-1


ただし、女性の中でもかなり個人差がある
ため、 40代前半から閉経になってしまう人
たちもいます。


そもそも更年期障害は、卵巣の働きが閉経
にともなって衰え
て、突然エストロゲンという
女性ホルモンの分泌が少なくなることにより
起きます。



SponsordLink





それによって、それまでコントロールされた
様々な身体の機能が、結果としてスムーズ
にいかなくなってしまう
のです。


エストロゲンが下がれば、 脳は女性ホルモン
をさらに分泌するように指令を出してしまう

ことになります。


更年期障害の特徴で多いBEST32-2


脳の指令が余計に不要な興奮を、周囲の
脳に引き起こすことになって、自律神経が
上手くコントロールできなくなる
のです。


年齢層は?


更年期障害の年齢は、もう既にお話しして
いますが、閉経の前後の45歳~55歳前後
ということになります。


更年期障害を口に出さないで、頑張って
いる人たちもいるかもしれません。


更年期障害の特徴で多いBEST33-1


女性の人たちは、ほとんどが更年期障害に
悩んでいるという言い方もできます。


それに、女性の半数以上が更年期障害に
悩んでいる
と言う報告もあり。。。


50代は、7割以上が更年期症状を抱えて
いるというデータもあります。



SponsordLink





実際、更年期障害にどのような方法で対処
しているかといえば、何もしていないという
女性たちが大半だそうです。


既に対策を行っているいう人たちは、

「サプリメント」

「運動」

「漢方薬」


など色んな方法を考えているようです。


更年期障害の特徴で多いBEST33-2


サプリメント派、運動派、漢方派。


ここは、それぞれ意見も大きく割れる問題
ではないでしょうか。


そのような状況下、会社勤めをしている女性
たちの中では、会社は更年期障害のことを
なかなか理解してくれないで不満
という人達
も非常に多いそうです。


症状が辛く、退職(休職)したいと考えたこと
がある人や、出社するのが憂鬱になる人も
2割程度います。


更年期障害の特徴で多いBEST33-3


3人1人は、「喧嘩が増えた」と回答して
いる状況ですし、更年期障害は口に出さ
ない人たちによって、もっと深刻な問題を
抱えているのかもしれません。


何らかの形で、社会的にもっと更年期障害
の対応に、向かうことができれば良いのですが。。。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 更年期障害の特徴で多いBEST3!原因として多いケースは何?年齢層は?