『低血圧症』!体質でも違いはあるの?改善できる効果的な食材に、日常生活での注意点は? | 雲散霧消.com

『低血圧症』!体質でも違いはあるの?改善できる効果的な食材に、日常生活での注意点は?


『低血圧症』!体質でも違いはあるの サム

『低血圧症』で、悩んでいる人たちが
結構いらっしゃるようですが・・・

原因の一つとして、体質で何か違い
があるのでしょうか。

SponsordLink



また、改善できる効果的な食材

日常生活での注意点などについて、
調べてみました。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの?


「やる気はあるけど、身体がなんだかだるい……」

とか、疲れてすぐ横になりたくなったりし、
他にこれといって病気の症状がないのに
も関わらず、そのような症状が続くとき


それが、『低血圧症』かもしれません。


低血圧症には、その他

「めまい」

「頭痛」

「肩こり」

「耳鳴り」

「不眠」

「胃もたれ」

「吐き気」

「発汗」

「動悸」

「不整脈」


など、さまざまな症状があります。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの1


本人は、低血圧症でつらい気持ちも持って
いるものの、低血圧はどういうわけか病気
として余り重視されていない傾向
もあります。


低血圧症では、簡単に死なないと楽観的に
なっている人たちもいるかもしれません。


ですから、受診する機会も少なく人によって
症状にも違いがあるので、低血圧について
は余りよく知られていないのが現状という事
ができます。


低血圧症の人たちは、なりやすい遺伝的な
体質の人
が多くいます。



SponsordLink





一般的に、『無力性体質』ということがあり、
やせ型で蒼白い顔をしていて、やや神経質
であったり、疲労感を感じやすいタイプ


更に、冬は寒がり体質で、冷え性など虚弱
体質のタイプが多い
とされています。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの1-2


他にも内臓下垂を伴いやすいともいわれて
おり、朝なかなか起き上がる事ができない
で、急に立てば立ちくらみが起こったりする


また朝は弱いけど、午後になれば段々と
調子が出てくる人が多い
ようです。


改善できる効果的な食材は?


『低血圧症』を改善できるように、何とか
頑張ってみませんか?


まず食事に意識を傾けると、低血圧を改善
するためは、栄養バランスの良い食事を
摂取することが重要
です。


必要な栄養素として、タンパク質ミネラル
ビタミンEDHAなどが効果的です。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの2


1日のエネルギーとなる朝食は、しっかり
食べるようにしましょう。


更に食事は、できるだけ温かい食べ物
消化の良い食べ物を選択して、しっかり
噛んで食べる
ことも大事です。


良質なタンパク質は、豆腐納豆などの
大豆製品赤身の肉や魚乳製品などです。


ミネラルわかめひじきや昆布のりなど。


野菜は、ごぼうれんこん人参小松菜
にら春菊ねぎもやしなどです。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの2-2


飲み物を見直すのも、低血圧改善に効果
的な方法といえるでしょう。


水分を多めにとるようにしたり、コーヒー
を飲むのがおすすめです。



SponsordLink





コーヒーにはカフェインが含まれているの
で、このカフェインの作用で血の循環を
促進する効果
が期待できます。


ただし、カフェインを摂りすぎない程度に
飲んでみると、きっと良いことがあります。


日常生活での注意点は?


そして、生活習慣にしっかり向きあうことも
大事です。


不規則な生活は、自律神経のバランスを
乱してしまい
低血圧・体調不良を起こす
原因です。


『低血圧症』!体質でも違いはあるの3


夜更かしをせず、早寝早起きを習慣にでき
れば、きっと低血圧は改善されるでしょう。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般, 身体の悩み・疑問 » 『低血圧症』!体質でも違いはあるの?改善できる効果的な食材に、日常生活での注意点は?