『過食症』になりやすいタイプとは?男性と女性どちらが多い?フードファイターもそうなの? | 雲散霧消.com

『過食症』になりやすいタイプとは?男性と女性どちらが多い?フードファイターもそうなの?


『過食症』になりやすいタイプとは サム

食に関する障害である、『過食症』

原因はストレスなど、人により様々
ですが、どんなタイプがなりやすい
のでしょうか。

SponsordLink



また、男性と女性どちらが多いのか。

フードファイターもそうなのかなど、
調べてみました。


『過食症』になりやすいタイプとは?


まず、どうして『過食症』になってしまうの
かといえば、ストレスや自信がないから
過食症にというケースが多いようです。


過食症と拒食症は、相反する疾患のように
みえますが、拒食症から過食症へ移行する
ことも多くあり、両者は繋がっている障害
と考えられています。


『過食症』になりやすいタイプとは1


摂食障害になる人たちのなかには、絶食
に近い過激なダイエットを行う
ケースも多く、
独特な食事法と過剰な運動など行うという
特徴があります。


食事では米飯を拒否し、例え食べたとして
も、野菜こんにゃくワカメなどの海藻類
といった決まった食べ物しか口にしないで、
食材を細かく細かく切り刻んで食べるという
場合もあります。


『過食症』になりやすいタイプとは1-2


一方では、菓子パン10個など明らかに大量
の食物を、短時間の内に食べるという過食
のケースもあります。


『過食症』になりやすいタイプとは1-3


なぜ、そのような症状に陥ってしまうのか
といえば、なかなか一つの原因でこれだと
決めつけることも難しいと言われています。



SponsordLink





しかし、過食症を摂食障害とすれば、原因
はこちらも過剰なダイエットを行うことにも
あると言われています。


男性と女性どちらが多い?


実際に、『過食症』の症状を抱えているのは、
男性より女性のほうが多いと言って良いでしょう。


女性の人たちの方が、積極的にダイエット
と向きあっている筈です。


でも、なかなか成功できないですよね。


仮に成功したとしても、一度成功すれば元
の太った身体に戻りたくない
と考えるのは
普通のことです。


『過食症』になりやすいタイプとは2


ですが、リバウンドは必ず起こるともいう
ことができ、そのとき

「まぁ、いいか・・・」

という気持ちになる人たちもいるかもしれ
ませんが、摂食障害に陥る人リバウンド
することが恐怖
と感じてしまいます。


『過食症』になりやすいタイプとは2-2


その結果、さらに過激なダイエットを行う
ようになります。


リバウンドを恐いと感じるその背景として
の葛藤
があり、人間関係や将来への不安
など、様々な要因を考えることができます。



SponsordLink





そして拒食状態にあったものが、突然大量
の食事を摂る
ようになり、過食症に移って
しまうケース
などがあります。


フードファイターもそうなの?


実際、『過食症』の症状をフードファイター
をイメージしてしまえば、全然話しが違って
くてしまうでしょう。


要は、摂食障害として拒食症という症状も
あり、過食症は真逆というイメージもあり
ますが、拒食症の人たちが簡単に過食症
の症状を抱えてしまう
ことがあります。


無理なダイエットの反動として過食に走り、
拒食と過食の繰り返しで病気が長期化する
方も少なくありません。


『過食症』になりやすいタイプとは3


過食嘔吐とは、過剰な程たくさんの食べ物
を食べた後に、意図的に吐く行為のことを
いいます。


摂食障害患者のうち、過食症・拒食症患者
両方
に見られます。


どちらも、食べてしまったことへの罪悪感
や、太ることへの恐怖感から嘔吐を誘発
する場合が多いようです。


大食いの人たちのようなモチベーションで
はなく、過食症の人たちは食べたことへの
代償行為が依然強く存在し、自ら吐く過食
嘔吐をしてしまうことになります。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般, 身体の悩み・疑問 » 『過食症』になりやすいタイプとは?男性と女性どちらが多い?フードファイターもそうなの?