目の下のクマ!種類は何種類ある?種類によって症状は違うの?治療の最終手段は? | 雲散霧消.com

目の下のクマ!種類は何種類ある?種類によって症状は違うの?治療の最終手段は?


目の下のクマ!種類は何種類ある サム

「目の下のクマ」

何だか老けて見えたり、悪い病気
にかかっているようにも見えますよね。

しかし、よく見ればクマも人それ
ぞれ違っていたりし、種類がある
みたいです。

SponsordLink



そこで今回は、目の下のクマには
何種類
あるのか。

また、種類によって症状が違う
か。

治療の最終手段はなど、調べてみました。


目の下のくま!種類は何種類ある?


クマには、

・黒クマ

・茶クマ

・青クマ

・赤クマ


と言った様々な種類があります。


目の下のクマ!種類は何種類ある1-1


それぞれクマの症状が違うので、しっかり
そのあたりのことを把握する必要があります。


まず黒クマは、膨らみ部分を棒などで押す
と黒い線が消える場合
、黒クマの可能性が
あります。


目の下のクマ!種類は何種類ある1


高齢化によって眼球を支えている靭帯や、
目の周囲の皮膚や筋肉などが衰えて緩み
だし、眼球を支えている下まぶたの脂肪が
前へと出てしまう
のが原因と言われています。


茶クマは、手鏡を持って正面から見た時と、
顔を天井に向け鏡をのぞいた時クマの
状態が変わらない場合
、茶クマの可能性
があります。


目の下のクマ!種類は何種類ある1-2


茶クマの多くは、色素沈着が原因です。


青クマは、下まぶたを下側に引っ張って
みた時
に、やや薄くなる状態のもの
青クマです。


目の下のクマ!種類は何種類ある1-3


ただし、完全に消える訳ではありません


目のまわりには、多くの毛細血管が集中
しているので、そのように見えてしまうこと
になります。



SponsordLink





赤クマは、目の下の皮膚をそっと下方向に
引っ張った時
赤みが増す感じなら赤クマ
の可能性があります。


目の下のクマ!種類は何種類ある1-4


黒クマと同じように、下まぶたの奥にある
脂肪が前に出る感じと同時に、脂肪を覆う
筋肉も突出し皮膚の下に赤く透けて見える
のが原因です。


加齢による、たるみ、目の疲れ、血行不良
の症状で、軽い血管の詰まり目の下が赤く
なることもあります。


種類によって症状は違うの?


まず黒クマですが、涙袋の下側に脂肪が
突出
して、その膨らみによって影ができる
状態です。


影が黒い線に見えることから、黒クマと
呼ばれています。


茶クマは、目の下に茶色く広がっている
症状
です。


下まぶただけでなく、上まぶたも含めて
目の周り全体が黒ずんでいることもあり
ます。


青クマは、目の下にうっすらと青っぽく
広がっている症状
です。


目の下のクマ!種類は何種類ある2


赤クマの症状は、目の下がうっすらと赤く
腫れたみたいな状態
です。


治療の最終手段は?


クマの治療は、どのような感じなのでしょう。


クマの治療にも、様々な方法があります。


治療の前には、しっかり皆さんのクマの
状態を知るようにしてください。



SponsordLink





茶クマの場合、メラニンを抑えたり

「ハイドロキノン」

「グルタチオン錠」

「トレチノイン等」



更に、目の下のクマレーザー(ジェネシス)
などの治療の選択をします。


目の下のクマ!種類は何種類ある3


青クマの場合は、目の下のくまレーザー
(ジェネシス)や、細胞の新陳代謝・血行
を促進するレーザーを照射する脂肪注入、
ヒアルロン酸注入
などの方法があります。


黒クマは、下眼瞼脱脂術(かがんけんだっし)


眼窩脂肪を取り除き膨らみをなくす方法


ハムラ法(結膜的眼窩脂肪移動法)


眼窩脂肪を凹み部分に移動し、均一に
ならす方法



アグネス目元


皮膚に針をさし、針先からでるラジオ波で
脂肪焼く施術法



ヒアルロン酸注入


ゼリー状物質を注射器で注入、凹み部分
を平らにならす方法
があります。


目の下のクマ!種類は何種類ある3-2


赤クマ治療では、主にプックリと出た脂肪
をとる「脱脂術」を行います。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 目の下のクマ!種類は何種類ある?種類によって症状は違うの?治療の最終手段は?