目の下の「たるみ」で老け顔に!?日常生活での注意点は?改善策や対処法はある? | 雲散霧消.com

目の下の「たるみ」で老け顔に!?日常生活での注意点は?改善策や対処法はある?


目の下の「たるみ」で老け顔に サム

目の下に「たるみ」ができるだけで、
周囲から老け顔にみられることって
ありますよね。

女性の人たちは特に注意していると
思うのですが、なかなか厄介な問題
です。

SponsordLink



そこで今回は、目の下に「たるみ」が
できないようにするために、日常生活
での注意点
は何なのか。

また、改善策や対処法などについて、
色々調べてみました。


目の下の「たるみ」で老け顔に!?


見た目年齢を老けさせる目の下の黒い影は、
クマだけでなく皮膚の「たるみ」によって生じ
ると考えられます。


人は老化によって目の下に「たるみ」が起こ
り、ある程度年齢がいってしまえば仕方ない
と考えるかもしれません。


目の下の「たるみ」で老け顔に1


ですが、まだまだ私達にできる予防の方法
も見つけることができます。


まず、目の下に「たるみ」が生じるのは、
コラーゲンの減少が原因とも言われています。


目の下の「たるみ」で老け顔に1-2


70%がコラーゲンで作られている真皮は、
バネのようなイメージで肌の張りや弾力を
支えている役割
を担っています。



SponsordLink





加齢によってもコラーゲンの減少が激しい
と、目の下だけでなく頬やフェイスライン
いった、色んなな場所にたるみシワ
生まれてしまうことになります。


日常生活での注意点は?


真皮層のコラーゲンが減少してしまうことで、
目の下に「たるみ」の原因を作り出すことに
なります。


真皮層のコラーゲンが減少する原因として、
大きく「紫外線」「老化」の問題を考える事
ができます。


目の下の「たるみ」で老け顔に2


老化は、私達が避けることができないもの
ですが、しかし紫外線対策にしっかり向き
あうことができれば、コラーゲンの減少を
遅らせることができるのではないでしょうか。


肌老化よりも紫外線によって、コラーゲン
が多く壊れてしまうリスク
を背負っている
ということを、しっかり考える必要があります。


改善策や対処法はある?


紫外線で肌に悪影響を与えるものは、主に
紫外線A波(UVA)B波(UVB)です。


真皮まで届いた(UVA)は、線維芽細胞に
ダメージを与え
てしまうと言われています。


目の下の「たるみ」で老け顔に3


線維芽細胞は、肌の弾力の元となる
コラーゲンや、コラーゲンを支えるエラスチン


目の下の「たるみ」で老け顔に3-2


そして、隙間を満たすヒアルロン酸を生み
出している、とても大切な細胞です。


一方、紫外線B波は波長が短いため、主に
表皮に深刻な影響を与えます。



SponsordLink





紫外線B波の強いエネルギーは、角質層の
バリアの機能を壊して
しまい、表皮全体の
水分を保つ力が奪ってしまう
ことになります。


そして目の下の皮膚は張りを失い、たるみ
やすくなってしまいます。


目の下の「たるみ」で老け顔に3-3


ならば私達は、A波(UVA)とB波(UVB)に
対して、どのような向きあい方をすれば良い
のでしょうか。


紫外線によってコラーゲンが破壊されてしま
うなら、意識してコラーゲンを摂取する姿勢
を持つ必要があります。


紫外線の強い夏の時期は、エイジングに
重要なコラーゲンが減少してしまうリスク
があることも明らかです。


女性は美白ケアに集中してしまいがちです
が、コラーゲン減少によるケアともしっかり
向きあう必要があります。


目の下の「たるみ」で老け顔に3-4


食べ物から効果的にコラーゲンを摂取する
には、鶏の皮、軟骨、牛すじモツやレバー、
鮭や鰻
などが有効的です。


ただ、コラーゲンを増やすことは大切ですが、
減らさない生活を意識することも大切です。


喫煙も大きな影響があると言われています。


食事で栄養素が不十分なら、サプリメントも
併用するのが良いでしょう。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 目の下の「たるみ」で老け顔に!?日常生活での注意点は?改善策や対処法はある?