手の爪が変色!食生活との関わりはある?足りない成分や改善に効果的な食材は? | 雲散霧消.com

手の爪が変色!食生活との関わりはある?足りない成分や改善に効果的な食材は?


手の爪が変色!食生活との関わりはある サム

手の爪の色が変色してしまった時、
正直どうしたのかなと思いますよね。

特に、初めて経験したのなら尚更
です。

SponsordLink



この爪の変色って、食生活と関わり
はあるのでしょうか。

また、足りない成分や改善方法


効果的な食材はあるのかなど調べ
てみました。


手の爪が変色!食生活との関わりはある?


爪は第二の皮膚と呼ばれており、顔色や
肌の調子が悪いのと同じように爪の色や
形で、その人の健康状態までチェックする
ことができます。


手の爪が変色!食生活との関わりはある1


爪というものが、何か特別なもの不思議な
モノに見える人たちもいると思います。


もともと爪は、皮膚を守るため皮膚の一部
が硬くなってできたモノ
として考えることが
できます。


肌によって私達は、健康管理ができる意識
があれば、爪にも意識を持つ事も当然あって
良いはずです。



SponsordLink





爪は、「ケラチン」という「タンパク質」
変化したもので作られいるので、皮膚を
作るために欠かすことができない栄養は、
爪にも必要不可欠です。


手の爪が変色!食生活との関わりはある1-2


しかし、私達の爪は身体の一番端にあるの
で、栄養が充分に届かないことがあります。


食事の偏りなどあれば、爪にも変化が出て
きてしまうことでしょう。


足りない成分や改善に効果的な食材は?


ズバリ、爪に求められている栄養は

「タンパク質」(アミノ酸)

です。


手の爪が変色!食生活との関わりはある2


肉類や魚類、卵、大豆製品、乳製品などの
タンパク質を意識して摂取するようにして
ください。


脂身の多い肉は、タンパク質の含有量が
少なめなので、鶏肉や卵、脂身の少ない
赤身などの良質なタンパク質を選択
する
ようにしてください。


手の爪が変色!食生活との関わりはある2-2


「動物性タンパク質」「植物性タンパク質」
という違いがありますが、どちらか一つに
偏りを持たないよう摂取するようにしてください。


更に求められているのは、「ビタミンA」です。


ビタミンAは、皮膚や粘膜、血管の壁など身体
の輪郭部となる上皮細胞
において、「ケラチン」
を作るのに欠かせない栄養素として知られています。


ビタミンAが不足してしまうことで、爪が乾燥
して割れやすく、変形を引き起こすリスク

抱えてしまうことになります。


手の爪が変色!食生活との関わりはある2-3


ビタミンAの含まれている食べ物といえば、
断トツで鶏レバー、豚レバーなどです。


爪を美しく保つためには、そのような食べ物
を意識するようにしてください。



SponsordLink





更に、「ビタミンB2」を意識するようにしましょう。


ビタミンB2は、爪の細胞を再生させるため
にも大事な栄養です。


ビタミンB2がもっとも豊富な食材は、レバーです。


手の爪が変色!食生活との関わりはある2-4


豚レバー、牛レバー、鶏レバーと言う順に、
ビタミンB2が多く含まれています。


うなぎ、卵、大豆製品、乳製品と言ったもの
にも注目してみましょう。


そして、他にも皆さんに注目して欲しいのは、
「ビタミンE」です。


ビタミンEは血行を良くし、ツヤや潤いある
爪を作るためには大事なポイント
です。


手の爪が変色!食生活との関わりはある2-5


また、ひまわり油やサフラワー油などの植物油。


かぼちゃ、アーモンドなどにも多く含まれています。


あと、鉄分が不足すれば爪が白くなったり
薄くなったりします。


レバー、ひじき、あさり、大豆製品、小松菜
などを意識して食べるようにしてください。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 身体の悩み・疑問 » 手の爪が変色!食生活との関わりはある?足りない成分や改善に効果的な食材は?