認知症予防に食生活は関係ある?日常生活で気を付ける点は?効果的な食材は? | 雲散霧消.com

認知症予防に食生活は関係ある?日常生活で気を付ける点は?効果的な食材は?


認知症予防に食生活は関係ある サム

『認知症』とは、物事を忘れたり、
家族や友達を忘れたりと、本当
に怖い病気です。

軽度の状態ならまだしも、重度
の状態になれば目を離せません。

SponsordLink



そんな厄介な認知症ですが、予防
に食生活と関係
あるのでしょうか。

また、日常生活で気を付ける点や、
効果的な食材はあるのかなど調べ
てみました。


認知症予防に食生活は関係ある?


日常生活は、少しずつの積み重なりです。


しかし、これが一番『認知症』予防できる
対策
なのかもしれません。


実際に医師は、認知症には食事の習慣
が深く関わっているという指摘
があります。


カロリーの摂りすぎや野菜不足偏った
食生活の影響が認知機能の低下を早め
という側面があるというので、脳の機能
を遅らせるという意味でも食事としっかり
向きあうことが大事です。


認知症予防に食生活は関係ある1


それほど難しいことを考えず、良いと言わ
れている事を日常生活において、一つずつ
実践してみましょう。


毎日の食事摂取で、そのようなことを意識
して、バランスよく摂取するという姿勢が
大事です。


私達が抑えておかなければならないのは、

「オメガ3」

「抗酸化成分」

「葉酸」

「トリプトファン」


です。



SponsordLink





脳の組織は6割以上が脂質で、その多く
を占めるのが「DHA」「EPA」などの
「オメガ3脂肪酸」です。


認知症予防に食生活は関係ある1-2


不足してしまえば、認知症のリスクが高く
なります。


抗酸化成分の

「ポリフェノール」

「ビタミンC、E」


は、脳や体を錆びさせる活性酸素を除去
してくれます。


葉酸、認知症の原因物質を抑制する
ことができます。


脳の神経細胞を作る必須「アミノ酸」が、
「トリプトファン」です。


効果的な食材は?


「オメガ3」(DHA、EPA、αリノレン酸)
含まれている食べ物は、さば缶や、まぐろ
のトロ
です。


抗酸化成分には、トマトなどに多く含まれ
ています。


葉酸が多く含まれているのは、枝豆
モロヘイヤ緑茶と言ったものです。


認知症予防に食生活は関係ある2


トリプトファンの含まれている食べ物は、
豚肉ヨーグルトと言ったものです。


日常生活で気を付ける点は?


果たして、認知症になりにくい生活習慣は
存在しているのでしょうか。


まず皆さんは、具体的に

「どうすれば認知症になりにくいか?」

ということを考える必要があります。



SponsordLink





食事のことは既にお話しをしてきたした
ので、それ以外で私達は、しっかり運動
習慣
と向きあう必要があります。


みなさんが認知症にならないためには、
3日以上の有酸素運動をするという
ことを心掛けるようにしてください。


認知症予防に食生活は関係ある3


人とよくお付き合いをしているという人たち
は、認知症になりにくいというデータがあります。


文章を書く、読む、ゲームをする、映画館に
行くなど積極的なモチベーション
によって、
認知症が近付かない身体にすることができます。


そして、良質の睡眠も認知症予防にとって
大事です。


30分未満の昼寝、そして起床後2時間以内
に太陽の光を浴びる
というのも効果的方法です。


認知症予防に食生活は関係ある3-2


私達が日常生活で、認知症にならないため
にトレーニングしていかなければならないの
は、体験したことを記憶として思い出す

「エピソード記憶」

であり、複数の事を同時に行うとき適切に
注意を配る機能の「注意分割機能」


そして、新しいことをするとき段取りを考え
て実行する、能力の「計画力」です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 認知症予防に食生活は関係ある?日常生活で気を付ける点は?効果的な食材は?