『若年性認知症』とは?年々増加している原因は?認知症と症状は違うの? | 雲散霧消.com

『若年性認知症』とは?年々増加している原因は?認知症と症状は違うの?


『若年層認知症』とは?年々増加している原因は サム

近年、『若年性認知症』が増加して
いるという話しを聞きます。

それに、そもそも『若年性認知症』
とは、どういった病気なのでしょう。

SponsordLink



そこで今回は、『若年性認知症』
増加している原因は何
なのか。

また、認知症の症状と何が違う
かなど調べてみました。


『若年性認知症』とは?


認知症って、高齢者の病気と思っている人
たちも多くいます。


しかし、最近では『若年性認知症』がとても
増えている傾向があります。


また、この病名も近年ではよく聞くように
なりましたが、そもそも若年層認知症は
新しく登場した病気ではありません。


100年、ドイツで報告された最初の患者
さんは、年齢が50歳だったという記録が
残されています。


この若年性認知症とは

18歳以上、65歳未満

認知症の症状がある場合を総称した
言い方
です。


原因がわかっているものもありますが、
わからないものもあり、


『血管性認知症』

『頭部外傷性認知症』

『アルコール性認知症』


などは理由がわかるものです。


『若年層認知症』とは?年々増加している原因は1


しかし、若年性認知症はそれだけではなく、

『アルツハイマー型認知症』

『ピック病』

『パーキンソン症候群』

『レビー小体病』

『脳血管性認知症』


と言った原因のわからないものがあります。



SponsordLink





認知症といえば、高齢者の病気という認識
がありますが、もともとは若年性の病気で
あり、その年代には起こらない病変が脳に
起きてしまう病気
として捉えることができます。


やがて私達の時代は、確実に高齢化社会
になり、高齢者のアルツハイマー型認知症
が増えたことで、

『老人性アルツハイマー型認知症』



『若年性アルツハイマー型認知症』

は区別されるようになりました。


年々増加している原因は?



『若年性認知症』が段々と増加傾向にある
と言われていますが、どのような点を理由
として考えることができるのでしょうか。


厚生労働省の統計によれば、若年性認知症
の患者数は増加し続けているようで、2016年
の時点で3万8000人と言われています。


実際には、発症していても気がつかない
ままで受診をしていない患者さんも多く、
本当の数は4万人を超えるとも言われて
います。


『若年層認知症』とは?年々増加している原因は2


この病気は、認知症患者に共通する悪い
生活習慣
があると言います。


実際に調査した結果、若年性認知症になり
やすい人たちは、仕事にストレスを感じて
いるケースが多いです。


仕事に対して責任感が強かっりた頑張り
やだったという人
たちが、若年性認知症に
なりやすいとも言われています。


『若年層認知症』とは?年々増加している原因は2-2


遺伝が原因とも言われていますが、近年は
企業で長時間労働を強いられることが増え、
睡眠不足が慢性化した結果、無気力のうつ
状態
になってしまい、認知機能が低下する
という深刻な状況を抱えているのも事実の
ようです。



SponsordLink





認知症と症状は違うの?


『若年性認知症』と、普通の我々が知って
いる認知症は、脳に異常が起きて認知症
が進行していくのには変わりありません



ただし、若い人にみられるアルツハイマー
は、脳の萎縮スピードも若い分だけ高齢者
に比べると早い
ため、社会的にも家族的に
も大きな影響を与ええてしまうことになります。


『若年層認知症』とは?年々増加している原因は3


しかし、若年性アルツハイマー型認知症
などは、未だはっきりと原因がわからない
点が多くあります。


最近では遺伝も関与し、若年性アルツ
ハイマー型認知症は「プレセニリン」という、
家族性の危険因子が関係しているのでは
とも言われています。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 『若年性認知症』とは?年々増加している原因は?認知症と症状は違うの?