『若年性認知症』の初期症状とは?どんなタイプがなりやすい?男女どちらが多いの? | 雲散霧消.com

『若年性認知症』の初期症状とは?どんなタイプがなりやすい?男女どちらが多いの?


『若年層認知症』の初期症状とは サム

近年、一番充実した生活を送っている
世代に増えている『若年性認知症』

意外と自分自身も、自覚が難しいと
されるこの病気ですが。。。

何か初期症状はないのでしょうか。

SponsordLink



それに加え、どんなタイプがなり
やすいのか


また、男女どちらが多いのかなど、
調べてみました。


『若年性認知症』の初期症状とは?


日常生活に支障が出るほどの記憶力低下
した場合、それが『若年性認知症』初期
症状
の可能性があります。


今日が何日かわからないとか、同じ事を
何度も聞く
ちょっとした事でもメモに残し
たり、家族に聞いたりするようになるなど。


そんな症状があれば怪しいと思って下さい。


若年性認知症の中には、計画を立てて行動
すること
や、数字を処理するのが難しくなる
人がいます。


『若年層認知症』の初期症状とは1


レシピに従って料理ができなくなってしまった
り、月々の請求の支払いができなくなってしま
ったり、集中力が落ちてしまい今までしていた
仕事に向きあうのに、かなり時間がかかるなど
という人たちも怪しいです。


更に、やり慣れたゲームのルールを忘れて
しまった
り、予算管理をすることができなく
なったりする行動パターン
があります。



SponsordLink





日付や季節時の流れが把握できなくなる
という症状が起こる場合もあります。


その場所にどうやって来たのかのか思い
出せなくなった
ら、それが若年性認知症の
初期症状です。


『若年層認知症』の初期症状とは1-2


また鏡の前を通っただけなのに、部屋の中
に誰かがいると勘違いするケースが起こった
りします。


診断基準は同じでも、生活スタイルの違い
などから「初期症状として疑われること」
違っていることがあります。


若年性認知症の症状は、高齢者のものと
比較して、『アルツハイマー型認知症』以外
では『脳血管性認知症』が多いのも特徴です。


『若年層認知症』の初期症状とは1-3


脳血管性認知症は脳に梗塞ができ、血流
が低下したり、血管が破れ出血したりする
など、脳の血管障害が原因で起こってしま
う認知症
です。


脳梗塞脳出血くも膜下出血などの発作
によって、意識障害麻痺言語障害など
の急性期症状が現れます。


どんなタイプがなりやすい?


真面目で責任感が強く自分の許容を
超えて頑張り過ぎたり
ストレスを溜め
込んでしまう
ため、心身のバランスを
崩しやすい人
たちが若年性認知症
なる傾向があると言います。


『若年層認知症』の初期症状とは2


更に、認知症と生活習慣は大きく関係が
ある
と言われています。


肉よりも魚や野菜を毎日摂取するようにし、
甘いものばかり食べ過ぎないように注意し
て、食べる時は腹八分を心がけてください。



SponsordLink





肥満体質は万病のもとと言われますが、
認知症へのリスクも高くなると言われて
います。


かつ最近では、BMI20未満の痩せすぎて
いる人たちが、認知症発生リスクが34%
以上高い
ことが発表されました。


『若年層認知症』の初期症状とは2-2

更に糖尿病などの生活習慣病や、慢性的
な睡眠不足
についても、認知症の原因と
言われるアミロイドβを増やす傾向が高い
と言われています。


男女どちらが多いの?


『若年性認知症』の調査によれは、患者の
数は調査時点で4万人と言われています。


例えば、人口10万人(18から64歳)に対し、
若年性認知症患者数の平均は47.6人


男性の方が女性よりも多く発症する傾向が
あり
、推定発症年齢の平均は51歳と言われ
ています。


若年性認知症は、もの忘れでなく仕事上
の失敗や奇怪な精神症状の出現で周囲
が気づくことが多いと言います。


『若年層認知症』の初期症状とは3


年齢が若くても認知症の可能性は否定
しないで、異変を感じたら早めに医療機関
に相談
しましょう。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 『若年性認知症』の初期症状とは?どんなタイプがなりやすい?男女どちらが多いの?