急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い?年齢層は?治癒しても再発の可能性は? | 雲散霧消.com

急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い?年齢層は?治癒しても再発の可能性は?


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い サム

これまで『急性骨髄性白血病』
ついて、色んな角度からみてきま
した。

いずれにしても、厄介な病気に
間違いはありません。

SponsordLink



しかし今回は、『急性骨髄性白血病』
患者は、男女どちらが多いのでしょうか。

また年齢層や、治癒しても再発の可能性
などについて調べてみました。


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い?


当然ながら、『急性骨髄性白血病』になる事
を、多くの人たちは恐れていると思います。


そして男性と女性、急性骨髄性白血病になり
やすいのはどっちなのでしょうか。


まず子供の場合は、急性骨髄性白血病の
差は男性女性ほとんどないとされています。


しかし、大人になった場合は男女比6:4
7:3などのわずかな差ではありますが、男性
の方が患者数が増えてしまう傾向があります。


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い1


なぜ男性の方が、急性骨髄性白血病になって
しまう確率が高いのでしょう。


それは、タバコが急性骨髄性白血病の大きな
原因の一つと言われていて、喫煙者が男性の
方が女性よりも多いことを原因として考える事
ができます。

急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い1-2


タバコに含まれている発がん性物質が口の
粘膜や唾液などに付着
してしまい、身体に
入ることで骨髄まで運ばれ白血病となると、
疫学的研究によって立証されています。


タバコはNGというモードがドンドン巷ででき
上がっているので、ここは喫煙は権利なんだ
と頑張っている人たちも、禁煙モードになる
気持ちも大事です。


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い1-3


今後喫煙を主張しても、何も良いことはない
でしょう。



SponsordLink





喫煙は白血病だけでなく、

『肺癌』

『口腔癌』

『食道癌』

『胃癌』


など、様々な癌を引き起こす原因になること
も考えるべき問題です。


年齢層は?


『急性骨髄性白血病』は、子供から高齢者
まで幅広い年代で発症する病気と捉えられ
ています。


ですが、加齢と共に発症率が高いともされて
いるため、これからますます高齢化社会に
伴い、今後もっと急性骨髄性白血病の率が
高くなってくることが予測できます。


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い2


現状、それぞれ年齢層での発症頻度は特に
増加することはなく、ほぼ横ばいで推移して
いると考えて良いでしょう。


治癒しても再発の可能性は?


白血病の中でも、成人に多い血液がんである
急性骨髄性白血病は再発率が高く、命を落と
す人は決して少なくありません。


このために再発を防ぎ、完全治療へと導く
方法の開発が強く望まれることでしょう。


治療が終わってすぐの頃は、1~2ヶ月1
の血液検査
を行い、症状が出る前に検査値
の異常で再発が見つかることが多いです。



SponsordLink





「疲れやすくなる」

「血が止まりにくくなる」

「感染症がなかなか治らなくなる」



という症状が起こることがあり、白血病細胞
が髄液の中に再発する可能性もあります。


この場合は頭が痛くなったり吐き気がする
物が二重に見えるなどの症状が出る場合
もあります。


急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い3


再発防止という意味でも大事なのは、自分の
病気についてよく知ることです。


とにかく医師は最大の情報源です。


担当の医師と話すときには、あなたが信頼
する人にも同席をしてもらうと良いでしょう。


このような大きな病いでは、

「積極的に治療に向き合う人」

「治るという固い信念を持って臨んでいる人」

「なるようにしかならないと考える人」


などいろいろです。


どの考え方が良いということはありません。


しかし、その人なりの心構えで良いのですが、
その前にあなた自身が自分の病気をしっかり
理解することが大切です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

雲散霧消.com TOP » 病気全般 » 急性骨髄性白血病患者は、男性と女性どちらが多い?年齢層は?治癒しても再発の可能性は?